ゆきの日常

知的障害を持つ娘と家族の日常を書いてます

LITALICOでの取り組み⑨ ひらがなアプリ

こんばんは。

 

今日はゆきのひらがなの勉強についての記事をかきます。

 

ゆきはひらがなのお勉強中です。

家庭でも取り組んでいますが、LITALICOさんでも授業に取り入れていただいています。

 

先生によって内容は様々で、

カードを使う、先生の手書き、先生オリジナルのパワーポイントでの授業だったりします。

 

先日行ったときは、タブレットのアプリを使って、指でひらがなのなぞり書きをおこなう授業でした。

 

画面いっぱいに大きく文字が出るので、不器用なゆきでもなぞり書きが出来ていました。

 

先生に聞いたところ、無料アプリだと言うことなので

早速私のスマホにもダウンロード!

 

アプリ名は『ひらがな』

そのまんまですね(笑)

f:id:yukismile:20210920222541j:plain

スマホの画面でも大きく出るので、なぞりやすいです。

 

なぞりやすいはずなのに、ゆきのなぞったものはこのレベルか・・・というツッコミは無しで(笑)

 

音声付きで、書き終えるまで「か、か、かえる、か、か、かえる」と繰り返し音が流れます。

 

なぞり書きの他には「かるた」と「文字にならびかえ」があります。

それぞれ、やさしい・ふつう・むずかしいの3段階があります。

f:id:yukismile:20210920224403j:plain

シンプルなアプリで良いと思います。

 

無料アプリなので、広告が表示されます。

 

カタカナ、漢字、アルファベットのアプリもありました。

 

ゆきのひらがなのお勉強に活躍してくれそうです!

 

読んでいただき、ありがとうございました。

 

LITALICOでの取り組み⑧ 模写する

こんばんは。

 

今日は、ゆきがLITALICOさんでお絵かきをした際、

ゆきの絵が予想以上に上手だったので載せたいと思います。

 

この日の授業内容は以下の通りでした。

 

  1. 絵本を読む
  2. ひらがな2択クイズ
  3. 先生が指示した形のものを、探して持ってくる
  4. 先生が描いた絵を模写する

 

4番目の先生が描いた絵をマネして描く、のときにゆきが描いた絵がこちらです↓

f:id:yukismile:20210923213707j:plain



先生「大きな丸を描いて~」

  「お目目を描いて~」

 

ゆきはしっかり先生の描く絵を見ていました。

 

そして、ゆきが描いた絵はなかなか上手に描けました!


腕が一本しかなかったり、ギザギザ部分がなかったりしていますが

特徴は捉えることができていると思います。

 

ギザギザ部分はゆきが「かけない~」と断念しました。

 

ギザギザが描けるのは4~5歳だと聞いたことがあります。

発達年齢がおよそ3歳のゆきにはまだ難しかったですね。

 

この日、読んだ絵本は『よわむしモンスターズ』でした。

 

NHKのみいつけた!にある、『おててえほん』のアニメーションを担当されている方の絵本です。

拍手したり、ジャンプしたりして、モンスターを倒していきます。

親子で楽しむことができて、イラストも可愛いです♪

ゆきもこの絵本が大好きです。

 

読んでいただきありがとうございました!

乳腺超音波検査でしこりが見つかった話

こんばんは。

 

昨日の記事で人間ドックの話で触れましたが

乳腺超音波検査でしこりが見つかり、外科を受診するよう言われました。

yuki-family.com

 

検査結果には

『乳腺のう胞内腫瘤を認めます』と書かれていました。

 

一般的に乳腺のう胞は良性であることが多く、中身は水分なのだそうです。

その中身にしこりができたと言うことです。

 

検査中に先生が「しこりがあるから触ってみて」と教えてくれました。

しこりがある場所は右胸の上部。

 

 

先生が何度も繰り返し同じ場所に機械を当てて確認していました。

モニター画面を見ると、黒い丸の中に何か影のようなものが映っていました。

f:id:yukismile:20210917233629j:plain

先生がモニターを見せてくれたわけではなく、私はモニター画面をチラ見しました。

これは絶対再検査か何かが必要だと言われるやつだと思っていました。

(マンモグラフィーの結果は異常なしだったんですけどね💦)

 

超音波検査後は気になって自分の胸を触るという不審者になっていました。

 

 

乳腺外来受診

本日、紹介状を持って乳腺外科を受診してきました。

 

受診した病院は

父が入院&リハビリ、ゆきが小児科&リハビリでお世話になっているところです。

 

まさか親子3代でお世話になるとは・・・💦

 

受付で紹介状を出し、問診票を記入します。

 

乳腺外科の先生は女性の先生でした。

しこり以外に自覚症状があるかを聞かれ、「ない」と答えました。

 

先生曰く

●針生検で組織の一部を採取し、悪性か良性か検査をする必要がある

●そんなに急ぎではない

 

急ぎではないと言われても、こちらとしては早く検査をして欲しい。

 

2週間後に針生検の予約を入れて今回は終了しました。

 

しこり=乳がんのイメージがあります。

母方の祖母は乳がんで、片方を摘出手術しています。

 

もしかしたら、即日入院して検査になるかも!?とビクビクしていたんですが、

先生が急ぎではないというのなら、大丈夫そう???

 

針生検を受けたら、また記事を書こうと思います。

ちなみに心配性のパパはとんでもなく心配してくれました。

もっと早く検査できないの?と色々聞いてきました。

 

ともかく、人間ドックでオプションで検査を追加しておいて良かったです。

定期検査って大事ですね!

 

読んでいただき、ありがとうございました。