ゆきの日常

知的障害を持つ娘と家族の日常を書いてます

就学前の発達検査を受ける

こんばんは。

 

今日はゆきの小学校就学に向けてやっていることを記事にします。

 

yuki-family.com

 

過去記事にも就学までの流れを書きましたが一部修正しました。

現状はこのような感じです☟

  1. 学校説明会に行く     →終了
  2. 就学相談(心理士さん)  →終了
  3. 支援学校、支援学級の見学 →終了
  4. 就学前検査        →終了
  5. 学校の授業体験      →延期
  6. 審議
  7. 学校決定

 

現在は4番目の就学前検査まで終了しています。

授業体験は緊急事態宣言が発令されたことで延期になってしまい、次回の予定が

未定の状態です。

 

今回のは『4.就学前検査』について書きます。

 

ゆきは発達センターで新版K式発達検査2020を受けてきました。

検査は親子分離で行われます。

私はその間、別室でSーM社会生活能力検査を記入します。

 

SーM社会生活能力検査の記入が終わると、廊下からゆきが検査を受けている様子を見ることができました。

 

全然集中できていない感じでした。

f:id:yukismile:20210909220013j:plain

検査の最後は運動発達面を見るためか、ケンケンができるかチェックされました。

ちなみにケンケン跳びができるようになるのは、概ね4歳頃~だそうです。

 

ゆきの検査結果は均すとだいだい2歳台とのこと。

心理士の先生からは

「これでは支援級は厳しいです。支援学校を勧めます」

と言われました。

 

約1年前に病院で受けた新版K式発達検査

今年の春に児相で受けた田中ビネー

最近STのリハビリで受けた検査

 

ゆきはこの1年の間に色々な検査を受けました。

どの検査も3歳台という結果だったのに

ここへ来て評価が落ちてしまいました。

 

審議にかける大事な検査だったのに・・・。

 

ゆきは療育後に検査を行ったので、疲れていたのかもしれないし

見慣れない心理士の先生に緊張したのかもしれない。(言い訳💦)

 

私は小学校は支援級を希望していますが、

審議でこの検査結果を見たら、教育委員会の方も支援学校の方が良いと判断するだろうなと思います。

(本来は6歳台であるべきなので、2歳も3歳も変わらないかもしれませんが)

 

審議で教育委員会が支援学校・支援級のどちらかを判断しても、最終的には親の希望が優先されることが多いので、絶対に支援級に行けなくなったわけではありません。

 

でも、私としては

『ゆきは支援級で大丈夫!』という評価をもらって、

自信を持って支援級に通わせたかったんです。

 

ずっと就学は支援級一本で考えていたけど、

就学が近づいて来たこの時期にこの結果を見ると不安になります。

 

就学、悩ましいです。

 

 

【補足】SーM社会生活能力検査とは?

この検査は初めて療育手帳を取得する際、児童相談所でもやったことがあります。

子どもの普段の様子を評価する検査です。

 

身辺自立、移動、作業、コミュニケーション、集団生活、自己統制の6つについて

発達年齢段階ごとに質問事項が書かれています。

詳しくは書けませんが、

ボタンをはめることができるか、とか信号をひとりで渡ることができるか

といったようなことが書いてあります。

 

できることは〇、出来ないことは×を記入していきます。

×が8つ連続でついたら、そこで終了となります。

 

 

新版K式発達検査は昨年まで2001だと思っていたんですけど、

いつの間にか改訂されて2020になっていました。

何がどう改訂されたのかはわかりませんが、検査も時代と共に変わっていくんだなと

思いました。

 

今回も読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

発達センターのバスでのやり取り

こんばんは。

 

不明瞭さは残るものの、よくしゃべるようになったゆきです。

 

発達センターに行くバスでは

しゃべっているか、寝ているかの2択になっています。

 

バスで発達センターまでは約30分かかります。

起きている時は添乗の先生を自分の隣に座るよう催促して、

延々と『ごっこ遊び』をしているそうです。

 

ゆきに付きあってくださる先生、ありがとうございます✨

 

ケーキ屋さん、カレー屋さん、ラーメン屋さん、レストラン、

何屋さんかはゆきの気分次第です。

 

いつも帰りのバスから降りるときに

「今日は〇〇屋さんごっこしました」と先生が教えてくれます。

 

先日、こんな事がありました↓

f:id:yukismile:20210906220909j:plain

 

ゆきのケーキ屋さんで、たくさん注文をしてくれた先生。

 

ゆきは先生のお腹を触って「ぷにぷにしちゃう」と言ったそうです💦

 

ゆきがこんな事をしてしまうのは、

いつも家で私とパパがゆきのパンパンのお腹を触っているせいだと思います。

ゆきは食べることが大好きなので、お腹がぽこっと出ています。

 

「ゆきのお腹すごいね~」

「いっぱい食べたね~」

とお腹を撫でたりしています。

 

ゆきは普段自分がされていることを、先生にやってしまったようです。

 

先生が笑って許してくれたので良かったです。

 

今回も読んでいただき、ありがとうございました。

 

夏休みの思い出③ あきとカレー作り

こんばんは。

 

今回はあきとカレー作りの記事を書きます。

なぜカレー作りかというと・・・

 

学校からの夏休みのプリントに、10月に予定している林間学校でカレーを作るかもしれないので家庭でも取り組んでください、と書いてあったからです。

 

本来、夏休み中に行くはずだった林間学校は10月に延期となりました。

 

このコロナ禍で本当に林間学校が開催されるかどうかは別として、

あきが料理の経験を積むのに越したことはないので取り組むことにしました。

 

カレー作りといっても、たくさんのスパイスを使った本格的なものではなく

カレールーを使った、ごく一般的なカレーです!

 

ちなみに我が家は『バーモントカレー中辛』です。

私の実家では『ゴールデンカレー中辛』でした。

同じ中辛でも子供たちはゴールデンカレーは辛くて食べられなかったため、

子供たちが辛く感じないバーモントになりました。

大人用・子供用で分けるのも面倒なので💦

私はどちらもおいしいので大好きです!

 

f:id:yukismile:20210902220831j:plain

カレーの玉葱はみじん切りです。

あきには頑張ってもらいました!

 

ゆきはちょこちょこキッチンを覗きに来ては

「かれー、まだぁ?」と催促していました(笑)

 

夏休み中、カレーを作った回数は3回。

うち1回はカレールーを変えてキーマカレーにしました!

ひとりで作れるまでには至りませんが、

この経験は林間学校のカレー作りで役に立つはず!

 

新学期が始まった現時点では、まだ林間学校を中止にするという連絡はありません。

ただ、この状況だと林間学校の開催は厳しいのかな、と思っています。

 

読んでいただきありがとうございました!