ゆきの日常

知的障害を持つ娘と家族の日常を書いてます

あきのこと③ 塾に通い始めて

こんばんは。

 

引き続きお姉ちゃんのあきのことを書いていきます。

 

あきが通っている塾は個別指導塾で、国語と算数を習っています。

個別指導塾にした理由はこの3つです。

  1. 集団だとついていけない可能性が高い
  2. あきのペースで、あきに合った先生に見てもらいたい
  3. 家から近い

 

宿題が面倒くさいとか、天気が悪い日は行くのが面倒くさいとか、

多少の文句を言うことはありますが、今のところ欠席することなく通っています。

今は憧れのイケメン先生がいるので、行くこと自体は楽しいようです(笑)

宿題を忘れたこともありません。

 

 

塾では前回の授業理解の確認のための小テストが行われます。

授業で習う⇒宿題が出る⇒小テスト

という流れです。

2問以上間違えると不合格になります。

合否は私のスマホにメールで届きます。

 

あきは3~4回に1回程度のペースで不合格になります💦

 

不合格になる⇒次回のテストに向けて、まじめに復習をする

合格が続く ⇒復習がおろそかになって行く

感じです😥

 

情けない話ですが、答えを見ながら宿題をしていることが数回あり、私とパパから信用はないため、監視も兼ねてあきはリビングで学習しています。

 

塾に通い始めて

チャレンジタッチと比べて、宿題をしたり復習しないといけない環境になったので、机に向かう時間は単純に増えました。

しかしながら学校の成績は上がることなく、基本的に平均点以下です。

塾の先生からしたら、教え甲斐のない生徒だと思われていると思います。

 

とは言え境界知能だからといって、毎回テストの点が悪いわけではありません。

国語・算数・理科・社会すべての教科において80~100点を取ることもあります。

 

ただ、教えてもらったその場では解けても、時間が経つとできなくなってしまいます。

 

なので、学力テストとか、学期の復習テストになると一気に成績が下がります。

平均60~70点のテストだとすると、あきは20~30点くらいです。

 

根本的な部分が理解できていないから解けないのだと思います。

 

f:id:yukismile:20210806125608j:plain

国語で例えるなら・・・

習ったはずの漢字が読めないことが多い。

漢字や言葉の意味を理解できていない。

語彙や知識が少ないから、言い回しや慣用句が理解できない。

  ↓

文章問題が理解できず解けない、漢字が書けない。

  ↓

読み解く力がないため、国語以外の他の教科の問題文も解くことができない。

(何について問われているかわからないから答えられない、計算式が作れない)

  ↓

そのうえ、性格なのか反抗期なのか「こうしてみたら?」という先生方からのアドバイスは受け入れない、面倒くさいと言って言われた通りにやらない。

(見直しをしなさい、といってもやらずに計算ミスをする等)

  ↓

当然テストの点数が悪い。

勉強は嫌いだとキーキー言い始める。

  ↓

私に怒られる。

 

これを2年生のときから3年間、延々繰り返しています。

正直、塾代は無駄なんじゃないかと思っています。

でも塾に行っているから0点ではないのかもしれない、という藁にも縋る思いもあります。

 

漠然とした今後の不安

勉強やテストの点が全てではないことはわかっています。

 

あきの場合は全教科(国・算・理・社)が苦手というのが心配です。

 

どうしたって学校では成績で優劣がつくということはありますし、授業の基礎の部分で躓いてしまうと、中学に入ってからますます苦労すると思います。

(すでに躓いてますが・・・💦)

 

これから先あきが、どうせできないから!と投げやりになったり、すぐに諦めるようになってしまうのが怖いのです。

 

あきからしたら余計なお世話かもしれませんが。

 

私自身、どうしたら良いのかわからず困っています。

 

 

【余談】塾の決め手になった出来事

女の子ですし、帰りの時間を考えると近いに越したことはない!

ということで、近所の塾の無料体験授業に申し込みました。

候補は2件あり、比較して決めるつもりでしたが緊急事態宣言が発令され、塾が閉まってしまいました。

1校は見学の予約を入れましたが、予約した日に見学に行ったところ、何と塾が閉まっていました!

この塾は信用できないかな、ということで、その後も再度見学の予約をすることなく候補から外しました。

 

f:id:yukismile:20210806125506j:plain


ちなみに、連絡がなかった塾は現在無くなってしまいました。

なので、あの時の判断は間違ってなかったのだと思います。

 

 

今回も読んでいただき、ありがとうございました。