ゆきの日常

知的障害を持つ娘と家族の日常を書いてます

父のこと⑦ 認知症の進行かと思ったら脳梗塞だった【後半】

こんばんは。

 

前回の父の話の続きになります。

 

【4日目】

朝起きると、今日も父は全裸でおしっこまみれでした。

 

パパとも話し合い、セカンドオピニオンが必要だろうということで、違う病院を受診しすることにしました。

 

先生に事情を説明すると、血液検査、尿検査、CT、MRI、心電図と色々な検査を行ってくれました。

 

病院の車椅子に乗った父を連れて、何度も検査室と内科を往復しました。

4時間近くかかりました。

 

結果、心房細胞と脳梗塞が見つかりました。

f:id:yukismile:20211002231731j:plain

脳梗塞は前頭葉の奥深くの場所であること。

いわゆる『やる気』や『思考力』といったことに支障があること。

手術はできないこと。

リハビリをしても、もとのようには戻らないこと。

病院の先生からは上記のことを教えてもらいました。

 

そして、緊急事態という訳でもなく、病室が満室であることから

即日の入院は出来ないと言われ、ベッドが空くのを待つことになりました。

血液をサラサラにする薬が処方されて一時帰宅しました。

 

私はケアマネージャーさんに電話し、事情を説明。

父はしばらくデイサービスは休むことにしました。

 

【7日目】

病院からベッドが空いたと連絡があり、入院することになりました。

検査とリハビリをするための入院でした。

 

入院中のことは別途記事にする予定です。

 

一気に大変になった介護

脳梗塞になってからは

排泄、食事、着替え、歯磨き、入浴、日常生活のすべてに介助が必要となりました。

 

ほとんど喋らなくなった父。

テレビを観るわけでもなく、ソファーに座っていたり、

ベッドで寝ているだけの日々になってしまいました。

 

私は父に「着替えるよー」「おむつ替えるよー」と声をかけながら作業をします。

介護の内容は赤ちゃんのお世話のような感じです。

 

入院までの一週間という短い間の出来事でしたが、私は腰を痛めました。

 

内容は同じでも赤ちゃんと違って、当然介護の方が大変です。

  • 赤ちゃんに接するような可愛さを感じられない
  • 体重が重く負担が大きい
  • 終わりが見えない
  • 悪化するだけで改善が見込めない

などなど。

 

まとめ

  • 違和感を感じたらセカンドオピニオン
  • 健康診断を受ける
  • 介護を見越して脱毛しておいた方が良い

 

少しでもおかしいと思ったり疑問を感じたら、セカンドオピニオンですね!

 

健康診断を受けていれば心房細動に気が付き、脳梗塞を防ぐことができたかもしれません。

高齢者の健康診断のお知らせは来ていたのに、行きませんでした。

行きたくないと言った父でしたが、無理にでも連れて行けばよかったです。

 

脱毛については、VIO部分のことです。

赤ちゃんのようにつるつるなら、おむつ替えのときに拭くのも、お風呂で洗うのも楽です。

病院や施設では、入浴は週2回になります。

入浴する日に体調が悪いと、次の機会まで入れません。

衛生面を考えても、男女問わず脱毛は必要だと私は感じました。

 

ちなみに私は将来のことも考えてミュ●で脱毛済です!(笑)

脱毛すると快適です!

 

パパにも脱毛を勧めましたが、拒否されました。

男性の方が抵抗があるのかもしれませんね。

 

今回も読んでいただき、ありがとうございました。