ゆきの日常

知的障害を持つ娘と家族の日常を書いてます

ゆきの小学校就学準備

こんばんは。

 

今日はゆきの就学に向けて、発達センターの先生から「これができたら良いよね」と言われた目標と、家庭で実際に取り組んでいることを書きます。

 

発達センター・OTの先生から言われた3つの目標

  1. ひらがなで自分の名前が読めるようになる
  2. 立った状態で洋服や靴の着脱ができるようになる
  3. トレーを使って食器を運ぶことができるようになる

 

1.ひらがなで自分の名前が読める

リビングにひらがなポスターを貼り、1日1回一緒に読んでいます。

「あ」~「ん」まで読み終えたあと、自分の名前を探させます。

そのあと、2~3個の単語(み・か・んなど)を探させて終了です。

長くやってもゆきは集中力が続かないので、それ以上はやりません。

 

ゆきのやる気スイッチがなかなか入らなかったので、大好きな食べ物で一緒にやることにしました。読み終わったあとは頑張ったねと、チョコを1個あげています。

 

4月から取り組んでいますが、いまだに一人で読むことはできません。

ゆきが「あ」から順番に指差しして1文字ずつ読み上げてるのに、か行に移ると、「か・き・く・け・こ」と言いながら、指はた行にずれてしまったりします。

毎日やっているのに、どうしてそうなるんでしょう。逆に不思議です。

 

それでも自分の名前の「ゆ」「き」は覚えたようで、スムーズに指差しします。

 

子どもあるあるですが「あ」と「お」、「ね」と「れ」といった似たような文字が特にわからないようです。

 

f:id:yukismile:20210628220445j:plain

 

2.立った状態で洋服や靴の着脱ができる

年中までは座ってズボンや靴下の着脱をしていたゆき。

年長になってからは、立って着脱する練習をしてきました。

まだ座らないと着脱できません。

ズボンや靴下を手で広げながら、片足を上げて、履く、ことが協調運動が苦手なゆきには難しいです。

それでも立った状態で履こうと、イスに寄りかかったりして自分の体を支えながら一人で頑張っています。

片足立ちの練習をしたいのですが、ゆきがふざけてしまったり、やる気がなかったりで、家だとなかなか思うように出来ません。

 

とりあえず一人で着替えは出来ているので、体操服の着替えはイスに座って、靴は昇降口にあると思われるスノコなどにに座って、出来れば良いかなと少し甘い考えを持っています。

昇降口で座っていたら邪魔になるからダメかな・・・?

練習頑張ります。

 

3.トレーを使って食器を運ぶことができる

これは就学後、給食の配膳のための練習です。

発達センターの給食は、お弁当タイプでケースに入っています。

なので、これは家庭で取り組むしかありません。

 

トレーを使って食べ終わった食器をシンクに下げることから始めました。

食器を下げる習慣にもなって良かったです。

ゆきは自分で食べた食器は自主的に下げてくれるようになりました!

調子が良いときは、自分以外の食器も下げてくれます。(たまにですが)

 

最近ではごはんやおかずはトレーを使って運べるようになりましたが、コップやみそ汁など液体の入ったものを運ぶのは、こぼすのを怖がってなかなかやってくれません。

失敗が怖いようです。

こぼした時に思わず「あ~」と声が出てしまった私がいけないのだと思います。

反省です。

すべらないトレーを買ってみました。

 

 

褒めることを忘れずに、就学までコツコツと頑張って練習を重ねて行きたいと思います。

 

 読んでいただきありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク