ゆきの日常

知的障害を持つ娘と家族の日常を書いてます

知的障害を持つ子の小学校就学準備(学校説明会・就学相談編)

こんばんは。

今日はゆきの小学校の就学について書きます。

 

近々、特別支援学校と小学校の支援級の見学に行く予定です。

まずは順を追って、見学の前に行われる特別支援学校・支援級等の学校説明会に行ったときの話から書きたいと思います。

 

説明会は役所で開催されました。

その後、就学相談が実施されました。

コロナの影響で例年より少し早いそうです。

 

現在の私はゆきを支援学級(知的クラス)に入れたいと考えています。

 

学校説明会

発達に心配のある年中・年長のお子さんを持つ保護者の方を対象に毎年開催されます。

支援学校、支援級、通級とは何か、小学校に現在ある支援級の数や実際に通っている人数、今後どうやって学校を決めるのか等の説明が市区町村の教育委員会の方によってしていただけます。

 

小学校入学までの大まかな流れ

  1. 学校説明会に行く
  2. 就学相談(心理士さん)
  3. 支援学校、支援学級の見学
  4. 学校体験(子どもが教室に入って実際に授業を体験できます)
  5. 審議(教育委員会?)
  6. 就学先の学校が決定

ざっくりですが、私が聞いた話しでは上記のような流れになります。

 

その他に、心理士さんによる就学前の発達検査を受けたり、教育委員会の方が発達センターでの子供の様子を見に来たりするそうです。

なお、学校体験の時は教育委員会の方が立ち会われるそうです。

親が緊張してしまいますね!!心のなかで「ゆき、頑張れ!」と叫びそうです。

 

現在のゆきは2の就学相談まで終わっています。

 

以前は特別支援学校の学校公開日というのがあったそうですが、コロナのため今年は中止でした。なので、学校見学は個別で予約を取って行くことになります。

 

 

特別支援学校

我が家の学区で入学できる支援学校は3つほどありました。

全て県(都)立の学校です。

主に知的障害の子に特化した学校と、肢体不自由の子に特化した学校で分かれているそうです。

 

特別支援学校の先生たちは、教員免許とは別に特別支援学校教諭の免許を取得した、障害の知識や理解を持った先生が多くいます。1クラスあたりに配置される先生の人数も支援級より多いそうです。

 

ゆきは知的に特化した学校の見学に予約を入れています。

 

特別支援学級

支援学級は情緒クラスと知的クラスに分かれています。

 

情緒クラス→知的障害のない発達障害の子が通うクラス

知的クラス→知的障害を持つ子が通うクラス

といったイメージです。

 両方併せ持った子は知的クラスになるそうです。

 

特別支援学校とは異なり、普通の学校の先生が担任になります。

研修などは受けているそうですが、支援学校の先生たちとは異なり、先生によって差があると聞いています。

見学に行ってみないとわかりませんが、理解のある先生が担任になると良いなーと思いました。

 

 

審議

親の希望、子どもの実力、教育委員会の見解、すべてが同じ意見だと1回目の審議で学校(学級)が決まるそうです。

ここで、親の希望や教育委員会の見解に違いがあると、審議を繰り返し、遅くて1月まで話し合いが行われると説明がありました。

ただし、教育委員会に決定権はないようで、最終的には『親の希望』が優先されて学校が決まるとのことです。

 

 

 

学校を選択する目安

以下、就学相談で私が言われたことです。

  • 支援級の最低ラインは『着脱(服を着たり脱いだり)の自立』、『食事の自立』、『排泄(トイレ)の自立』ができていること
  • 療育手帳の数値でいうと、軽度知的障害の子が支援級知的クラスのレベル
  • ゆきは療育手帳の数値が中度に近いため、特別支援学校も視野に入れてください

 

ゆきは支援級ギリギリのラインですね(汗)

更新したゆきの療育手帳の結果次第な気もします。軽度になるか中度になるかの結果はまだです。

 

軽度知的といってもIQ51から70まで、約20の開きがあります。

20も違えばできることにだいぶ差がありそうです。

 

でも、まずは支援級からチャレンジさせたいと思います!

就学相談でも、その事は伝えてきました。

相談員の方に、「ゆきちゃんが普通級を目指すと言われたら、さすがに止めるところでした」と冗談っぽく言われました(苦笑)

私もそんな無謀なことはしませんし、わきまえているつもりですが、改めて第三者に言われるとちょっと落ち込みます。

 でも、ゆきはまだひらがなも読めませんからね(汗)毎日頑張って教えてます!

(先生はゆきのことを考えて、普通級は難しいと言ってくれたんだと思います。)

 

支援級⇔支援学校に行き来できるのか?

質問しました。

教育委員会の方は「支援級でも支援学校でも、本人の成長次第で行き来ができる」と言っていました。

なので、お子さんの成長にあった学校を選んでください、とのことです。

 

簡単に行き来ができそうな感じでしたが、実際は少し違うようです。

 

◆先輩ママから聞いた話◆

通常級から支援級、支援級から支援学校には行けるけど、逆は聞いたことはない

  • 授業の内容が全く違うので、支援学校に行ったら支援級には戻ることはほぼないそうです。まず、授業の内容に子どもがついていけないとのことでした。
  • 支援学校から支援級に行った前例は聞いたことない

 

実際はどうなんでしょう。

学校見学に行った際に、先生に聞いてみようと思っています。 

 

ちなみに、支援級から支援学校に行く場合も簡単には行かないそうです。

支援学校はクラス編成や先生の人数などがきめ細やかに決められおり、調整に時間がかかります。また、県(都)立の学校なので県の教育委員会を通す必要があるためだそうです。

 

例えば、1年生の1学期、頑張って支援級に通ってみたけど、うちの子には合わなかったから夏休み明けの2学期から支援学校に転校する、ということはできず、2年生の春を待って転校となるそうです。

 

 早いと2年生から転校する子がいると聞きました。

 

ゆきのような障害を持つ子の学校選びって大変・・・(泣)

 

学校見学はパパも連れて、しっかり見て来たいと思います!

 

f:id:yukismile:20210612225458j:plain

 

 読んでいただきありがとうございました。