ゆきの日常

知的障害を持つ娘と家族の日常を書いてます

ゆき、MRI検査のため日帰り入院をする

こんばんは。

 

病院でゆきのMRI検査のため、日帰り入院をしてきました。

 

ゆきの脳の状況を知り、もしも異常があった場合にその箇所がわかれば、何をすべきか、今後どうなるか見通しが立ち、また、リハビリにも役立てることができるかもしれないとの事で、検査を受けることにしました。

 

NICU退院前に検査を受けたときは、何もないといわれましたが、

知的障害で発達に遅れがあり通院している以上、何かしらの異常はあるだろうと言われました。

 

検査までの流れ

MRI検査は日帰り入院です。

 

食事  →検査の6時間前まで

飲み物 →検査の2時間前まで

 

検査予約時間は午前中なので、朝食は取らず、お茶を飲んで病院へ行きました。

 

検査1時間前:病院に到着し小児科の入院病棟に移動

身長・体重の測定と、体温、血圧、呼吸、酸素の測定をします。

 

ゆきは血圧と酸素を図る器具を見た途端に大泣きです。

酸素は指に洗濯バサミのような器具をつけて測定するものですが、

ゆきは注射のように刺されて痛いものだと思ったようです。

「いたいからイヤ」と断固拒否です。

病室から逃走しようとするので、抱っこで押さえつけます。

私と看護師さんで、痛くないよ、指にはめるだけだよ、と声をかけますが

聞いてくれません。

すでに興奮状態です。

泣いていても測定はできるというので、仕方なく無理やりはめるという

強硬手段に出ることにしました。

器具を装着され、痛くないことがわかるとようやく落ち着いてくれました。

    

ゆきの体重は約20㎏です。

抱っこするのも押さえるもの一苦労です。

ゆきも私も汗だくになっていました。

 

検査予定時間10分前:鎮静薬を注入

点滴だとまた大騒ぎになるだろうということで、お尻から座薬を入れることになりました。

ここでも泣き出して拒否していましたが、私が押さえてる間に看護師さんがズボンとパンツを下ろし、すばやく注入してくれました。

見事な連携プレーですぐ終わりました。

 

眠ったら検査室まで運べるように、私がゆきを抱っこしたまま過ごしました。

 

鎮静薬注入から20分後

うとうとして目を閉じるものの、完全に寝てくれません。

小児科の先生や看護師さんが様子を見に部屋に入ってくると、目を開けてしまいます。

このままでは検査ができないということで、結局、点滴をする事になりました。

 

処置室に移動し、ゆきは拘束されて、ルートを取ります。

もちろん大泣きです。

血液検査もするため、採血もします。

ルートを取るために針を刺されたときは「いたい!」と泣いていましたが、その後はすぐに泣き止み、落ち着いていました。

 

f:id:yukismile:20210712130412j:plain

 

MRIの検査室に移動し、鎮静薬の点滴開始です。

眠たくて仕方のない様子ですが、完全には寝ていません。

鎮静薬が少し追加されます。

ようやく寝ました!

ストレッチャーに移動させます。

 

その瞬間・・・

ゆきの目が開いてしまいました!!

まるで、赤ちゃんを抱っこで寝かせていて、ようやく寝たと思いそっと布団に置いたら目がパチっと開く、あの悪夢の瞬間のようです!

寝言のように、むにゃむにゃと何かつぶやいたり、

先生を見てニヤっと笑います。

 

鎮静薬をさらに追加します。

これ以上は追加はできないので、これでダメなら今日は検査ができないと言われました。

     

私や小児科の先生、看護師さん、みんなから

『寝て!!!!!』というオーラが漂います。

     

限界量の鎮静剤が注入されたにもかかわらず、ゆきは起き上がろうとします。

酔っ払いのようです。

絶望的です。

しぶとすぎます。

まったく寝る気配がありません。

 

     先生:「申し訳ありませんが、今日は検査はできません・・・。

         ゆきちゃんはとっても元気ですね。」

 

     私 :「・・・すみません」

 

結局検査できなかったー!!(泣)

     

病院到着から3時間後

病室に戻り、ゆきの意識が完全に戻るのを待ちます。

水が飲めて、歩けるようになったら退院だと告げられます。

 

病院到着から4時間後

意識がはっきりし、ようやく歩けるようになりました。

ゆきは機嫌が悪く、ぐずぐずです。

 

血液検査の結果だけ頂いて帰宅となりました。

血液検査は異常ありませんでした。

 

MRI検査は急ぎではないので、期間を空けて再チャレンジすることに。

寝てくれず検査ができないのは、よくある事だそうです。

 

ゆきは帰りの車で熟睡です。

寝るのはここじゃない(怒)

 

パパが休みをとって病院の送り迎えをしてくれました。

検査終了する予定の時間に病院に到着していましたが、ゆきが寝なかったので検査が1時間以上押してしまい、待機状態。

入院病棟は付き添い1名までしか入ることができないため、ずっと病院の売店で待っていてくれました。

 

帰宅したのは午後3時半を回っていました。

私はお腹がすいて限界です。

でも疲れて夕飯を作る気力はありません💦

 

学校から帰宅したあきを連れて、ファミレスに行くことにしました。

  

私も疲れたから、甘いもの食べたい!

 

ゆきはデザートにチョコレートケーキを食べてご満悦です♪

検査はできなかったけど、頑張ったご褒美です。

 

あきも予期せぬ外食に喜んでいました。

 

お財布が軽くなってしまいましたが、今日は仕方なし!と思うことにします。

次回は無事に検査できますように!!

 

 読んでいただき、ありがとうございました。