ゆきの日常

知的障害を持つ娘と家族の日常を書いてます

保育園の一時預かりを利用する

こんばんは。

 

ゆきは今月から保育園の一時預かりを利用することになりました。

 

理由はPTの先生から教えていただいた、

友人関係や集団の中で発達が見込まれるとされる身体機能の成長が、現在の発達センターでは期待できないからです。

 

ゆきが通う発達センターは年々人数が減っています。

ゆきが入所した年少後期では、同い年の子が8人いましたが、現在はゆきを含めて4人しかいません。

みんな年中・年長の進級に合わせて、幼稚園や保育園などに入園するために退所してしまいました。

一緒に通っていたお子さんがいなくなると寂しいです。

ゆきのお手本にもなってくれていたお子さん子もいなくなってしまいました。

 

定型発達の子の刺激を求めて退所して行かれた方がほとんどでした。

 

私は加配の先生が付かない幼稚園に入れる勇気がなかったので、発達センターにいることを選択しましたが、人数が減ってしまうと取り残された感があり、焦ってしまいます。

 

そんな私の思いの丈を先生に相談したとき、提案していただいたのが冒頭の一時預かりの話しでした。

 

 ゆきはある程度の身辺自立ができていること、最近は落ち着いて過ごせていること、保育園経験があることなども関係しているのかなと思いました。

 

一時預かりとは?

  • 対象は生後6か月~就学前の児童
  • 定員は1日10人程度
  • 1か月につき合計15日まで利用可能
  • 保育時間は平日8:30~16:30、土曜日8:30~12:30までで、1時間単位で利用可能

事前に保育園での面談が必要でした。

※地域や保育園によって詳細は異なります。

 

 幸いにも、ゆきが年少の途中までお世話になっていた保育園の一時預かりで受け入れていただくことができました!

ゆきに障害があっても受け入れていただき、感謝でいっぱいです✨

 

料金はゆきの場合は1時間150円で、給食・おやつ代が別途300円必要になります。

一時保育でゆきが在籍するクラスは、同じ年長児さんのクラスになりました。

 

面談のため、約2年ぶりに訪れた保育園はとっても懐かしかったです。

残念ながらゆきは覚えていない様子でした。

先生たちはゆきの事を覚えていてくださり、私達に気が付くと「ゆきちゃん!!」と声をかけてくれました。

f:id:yukismile:20210712124858j:plain



久しぶりの保育園、先生たちに感極まって私が泣きそうでした。

それと同時に、障害がなければここに通っていたはずなんだ、と思い切なくなりました。

 

ゆきはたくさんの先生に声をかけられ若干引き気味です。

ゆきからすれば、知らない大人たちに次々と声をかけられ、『なんで私を知っているの!?』と思ったのかもしれません。

 

LITALICOさんや病院でのリハビリもあるので、一時預かりは月に2,3回利用できたら良いなと考えています。

 

期待も不安もありますが、初日が楽しみです。

 

読んでいただき、ありがとうございました。