ゆきの日常

知的障害を持つ娘と家族の日常を書いてます

発達センターの療育参観

こんばんは。

 

今日は発達センターの療育参観に行ってきました。

 

ゆきが通う発達センターでは、月1回の療育参観があります。

療育参観は、親が子どもたちから隠れて、日常の様子を見学できるというものです。

発達センターの教室のドアのガラス部分がマジックミラーになっており、廊下から教室内を見ることができます。

また、希望があれば先生と面談や相談をさせてもらえる時間を設けいただけます。

先生たちも忙しいのに相談できる時間を作っていただき、ありがたいです。

子どもの事で気になることや相談ができるのは嬉しいです。

 

参観は日にちが決まっているわけではなく、基本的には保護者が希望した日を優先していただけます。

時間帯も午前・午後で選べます。

また、参加する・しないは任意になります。

 

私はゆきが普段どのように過ごしているのか見たいため、毎月参観に行っています。

 

マジックミラーとはいえ、光の加減で教室内から廊下に立っている人のシルエットは見えますし、活動内容によっては園庭やホールに移動するので、見つかってしまう事もよくあります。

 

ゆきは私がいるとわかっても、泣いたり騒ぐことはなく、かといっていつもより張り切るわけでもありません。

ニコニコと手を振って、良くも悪くもマイペースに活動しています。

 

去年までのお仕度の時間は、先生に構ってほしくて、できるのにわざとやらずに先生が来るのを待ってる、とか、猫のまねをしてふざけていて何もしない、なんて時もありましたが、年長になった今は自分から進んでお仕度ができるようになりました!

 

先生に言われなくても、教室に入ったら手を洗い、ノートを出して自分でシールを貼ります。

そしてリュックを自分の棚にしまいます。

 

教室には大泣きしているお子さんや教室を走っているお子さんもいましたが、ゆきは周りに流されることなく、やるべき事を自分ひとりで出来てました。

ゆき、少し偉いです💮

 

f:id:yukismile:20210713215236j:plain

 

初めて発達センターでこの様子を見たときは、少し戸惑いましたが、今ではすっかり見慣れました。

 

今日のゆきの残念ポイント

・絵本を出してほしいとき、「せんせい、とって(取って)」と言えなかった

 (LITALICOさんで練習した、名詞+動詞の2語文が出なかった)

・給食で嫌いなオクラを手で取りだしていた

 (せめてフォークやスプーンを使って取り出してほしかった)

 

今日のゆきの褒めポイント

・朝のお仕度、給食のお仕度ができた

・朝の会で座っていられることができた

・午前のカリキュラム(巧技台)で平均台を渡りきることができた

・鉄棒に10秒ぶら下がることができた

・給食はオクラ以外完食することができた

 

こうして書いてみると、できて当たり前!とするのではなく、スモールステップで褒める習慣が身についてきているな、と私自身の成長も感じます。

 

また来月、参観に行ってきます。

 

読んでいただきありがとうございました。