ゆきの日常

知的障害を持つ娘と家族の日常を書いてます

特別支援学校の見学に行きました

こんばんは。

 

パパに休みを取ってもらい、特別支援学校の見学に行ってきました。

 

感想

感想を先に言いますと、見学に行って良かったです!

 

実際に見学に入ったら、印象が変わりました!

パパも見に来てよかったと言っていました。

実際に見るって大事ですね!

 

 

見学での様子

特別支援学校は小学部・中学部・高等部まであります。

中学部から制服になるようですが、制服は強制ではないとの事です。

 

登校したら体操服に着替え、一日体操服で過ごすのだそうです。

 

案内の先生に連れられて、さっそく1年生の教室へ。

1年生は全部で3クラスあり、生徒5名に対し先生2名でした。

活動の内容によっては、支援の先生が入ることがあるそうです。

 

誰一人として騒ぐことなく、床に寝ているということもなく、きちんと着席して先生の話しを聞いています。

 

見学中、教室のドアのガラス越しに目が合った子もいましたが、誰も席を勝手に立ったり、乱れるということがなく授業を受けていました。

授業の移動ですれ違う子もいましたが、みなさん一緒に移動していました。

 

教室、図書室、音楽室、食堂、体育館、校庭など一通り見学させていただきました。 

体育館では3年生が整列して座り、先生の説明を聞いていました。

音楽室では6年生が太鼓を叩いていました。

癇癪のようなのを起して先生になだめられてるお子さんが1人いましたが、見学中に泣いているのを見たのはそのお子さんだけでした。先生も優しくその子をなだめていました。

 

失礼ながら、泣いたり騒いだり、教室から飛び出す子がいるのかなと思っていました。

(発達センターだとたまに見るので・・・)

みなさん落ち着いて生活しています。

 

女の子の人数は少なかったです。

中学部、高等部は見ていないのでわかりませんが、小学部は各学年に1人いるかどうかでした。

ゆきの同性のお友達はあまりできなそうでした。

 

f:id:yukismile:20210624144914j:plain

小学部1年生の授業内容

● 国語、算数 → 週2回

時間割表を見ると、国語/算数 となっているので、2つで1つなのでしょうか。

 

● 音楽、図工 → 週1回

 

●体育     → 週5回

体育とリズム運動があるそうです。

見学に行ったときはリズム運動をしていて、音楽に合わせて先生と歩いていました。

 

他には自立活動の時間が午前・午後にあります。

 

授業は身辺自立するためものが中心でした。

 

年間行事

小学校同様、運動会や授業参観があります。

他にも、現在はコロナで中止となっていますが、小学部は近隣の小学校との交流会が数回あるようです。

学年が上がれば林間学校や修学旅行もあります。

 

見学後の面談 

色々説明を聞きながら1時間ほど校内を行ったり来たりして、30分ほど面談の時間がありました。

 

面談の時にパパから直球の質問。

パパ「支援学校から支援級に行く子はいるんですか?」

 

先生「支援級から来る子は多いですが、支援級に行く子はに全学年を通して1年間に1人いるかどうかです」

 

先輩ママの言う通りですね。

なかなか前例はないようです。  

yuki-family.com

 

秋頃に授業の体験の申し込みをして、見学は終了。

授業の体験は、今回見ることができなかった国語/算数の授業に入れていただくことにしました。

 

 はやく支援級も見学したいです。

 

読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク