ゆきの日常

知的障害を持つ娘と家族の日常を書いてます

新生児仮死・NICUへ救急搬送 ゆき出産エピソード④

f:id:yukismile:20210512225655j:plain

出産エピソード④




ゆきは重症の新生児仮死だった

泣き声が聞こえたのは、7分も後のことでした。

弱々しいながらも泣き声が聞こえたときは、少しですがほっとしました。

 

母子別々での入院生活の始まり

私はこのまま産院での入院、ゆきはNICUのある大きな総合病院へ入院することになりました。

救急車が来るまでの少しの間、看護師さんが私のところにゆきを連れてきてくれ、姿を見ることができました。

ゆきが生きてくれていることが確認でき、姿を見せてもらったときは嬉しかったです。

 

パパは少しのあいだ私の側にいてくれた後、急いでゆきのいる総合病院へ向かいました。

私が手術中にパパのお母さんが実家から駆けつけてくれて、あきを家へ連れて

帰ってくれました。遠方から心配して駆けつけてくれたパパのお母さんに感謝です。

 

ゆき出産エピソード⑤につづきます!

 

前回はこちら

 

yuki-family.com