ゆきの日常

知的障害を持つ娘と家族の日常を書いてます

ゆきが知的障害とわかるまで(番外編・3歳でできなかったあれこれ)

こんばんは。

ゆきが知的障害とわかるまでを書いてきましたが、ゆきの発達については(できないことが多すぎて)書ききれないほどエピソードがあります。

今回はその一部を書きました。

 

こんなにできないことがあるのに、障害に気が付くのが遅すぎなのでは?

と思われるかもしれませんが、温かい目で読んでいただけたらと思います。

 

 

エピソード① キックバイク

3歳でキックバイクにまたがらせたら、秒で転倒。しばらくはキックバイクを見るだけで嫌がるようになりました。

キックバイクに乗るようになったのは4歳ごろからです。

 

エピソード② 三輪車

ペダルを漕ぐ足の動きができないのか、力がないのか、

三輪車のペダルを漕ぐことが出来ませんでした。

今は乗れるようになりましたが、三輪車に乗れるようになったのは、4歳後半です。

 

エピソード③ またぐことができない

アスレチックや遊具をまたぐことができない。

普通当たり前のように出来そうな動作ですが、『またいで方向転換する』という動きは、実は難しいことだと、発達センターの先生がおっしゃってました。

当時のゆきはお風呂の浴槽すら手すりにつかまらないと一人でまたぐことができませんでした。

 

f:id:yukismile:20210604133102j:plain

 

エピソード④ トイトレ

トイレトレーニングは3歳(年少)から始めましたが、トイレを嫌がるようになり、頻繁にもらすため、諦めて中断しました。

年中への進級に合わせてお姉さんパンツに戻したことろ、すんなりトイレに行くようになりました。

今は、寝るとき以外はお姉さんパンツで過ごしています。

その子に合ったタイミングがあるものですね。

 

 

年中から少しずづできるようになったことが多いです。

現在ゆきは年長です。

この1年でどのくらい成長できるか楽しみでもあり、不安でもあります。

 

 

 

 ゆきが3歳の頃、あまりにも喋らないゆきに対して、お姉ちゃんのあきが不思議に思うようになりました。

「なんでゆきは喋らないの?」と良く聞かれました。

f:id:yukismile:20210604133242j:plain

 

 

ゆきより年下と思われる子が喋っていると、あきは「すごい!喋ってる!」と言ってました(笑)

今はあきにも、ゆきの障害のことは伝えてあります。

 

 

 

読んでいただいてありがとうございました!